31

これからの展示とイベント

f:id:honoamai:20180222235822j:plain

 

こんにちは。

突然ですが、個展までに日があるので、初めてイベントに参加してみようと思います。

私の絵や、作ったものを知っている人は、とても少ないので、もっと自分から発信して、多くの人に見てもらいたいなと思い、参加を決めました。

待っているのが苦手なので、今は、色んな場所に行ってみようと考えています。

ダメだったら、それはそれで勉強になると思います。全然売れないかも。どうなるか、全く分からないです。分からないからとりあえずやってみようと思います。

なので、今後も継続してこういったイベントに参加していくかどうかは分かりません。 

もしお暇でしたら、遊びにきてください。(きっとひとりでぼーっとしてると思うので。笑)

 

今のところは以下2つのイベントです。

----------------------------------------------------

3/30(金)・31(土)・4/1(日)

神戸のKIITOにて開催

『文具と紙と暮らし市』

🏠https://kurashiichi.com/

 

5/3(木・祝)・4(金・祝)

神戸国際展示場3号館にて開催

『アートアンド手作りバザール in KOBE』

🏠http://www.tv-osaka.co.jp/event/makingbazaar_kobe/

----------------------------------------------------

 

2つとも神戸です。神戸に縁があるなぁ、と思います。

できればアートダイブも参加してみたいですが、今の所、未定です。

 その後は、ARTHOUSEさんでの個展とカワチ画材さんでの個展です。

8月からの予定はまだ何も決まっていないので、どうなるのかどうしようか、展示を終えてから、考えるのが楽しみです。

 

試作品

f:id:honoamai:20180203231712j:plainf:id:honoamai:20180203231710j:plain

 

新しい紙のおもちゃの試作品3号。

お部屋に小さい劇場があったらいいのになぁと思って。

ちょっとした仕掛け思い付いたから4号で反映させます。

劇場小箱って名前にする。

大好きなお店

f:id:honoamai:20180122014333j:plain

先週から、奈良のSPARKさんで、雑貨やブローチを委託させて頂いています。キグルミノクニのクマとウサギの原画2点も飾らせて頂いています。

SPARKさんは、久しぶりに図書館に行こうかなぁと何となく商店街を歩いているときに見つけた、素敵なお店です。水色一面の小さな店内に、古いおもちゃやヴィンテージドレスがギュッと詰まっている、とてもカラフルでポップな、おもちゃの宝石箱みたいなお店で、見つけたときは、奈良にこんな面白そうなお店があったんだ!と、とても嬉しくなりました。しかも、レジ横には憧れのリトルミスノーネームが置かれていて。ネットで見ているより、実物はもっとかわいかったです。私のグッズも見て頂けると嬉しいですが、他にも古くて可愛い物がとっても安くで手に入るので、もし奈良へ遊びに行かれる際には、是非一度お立ち寄りください。 

 

f:id:honoamai:20180122014437j:plain

別のお店のお話ですが、京都にある、小さなアンティーク喫茶が、とても好きです。壁に蔦が張っているレトロな白い洋館の1階で、メニューは珈琲のみです。行くと、古書を読んだり、お店の方とおしゃべりをしたりして、つい長居してしまいます。一度、お金を払わず帰りそうになったことがありました。それくらい居心地がよいです。一昨日、久しぶりにお伺いしたのですが、昨年個展のDMを置かせて頂いていたので、そのお礼をお伝えしたり、原画を色んな方に買って頂けた事、これからの展示の事等、色々ご報告させて頂いたり、最近、私が虫にハマっていることをお話すると、虫の絵の本を見せて下さったりと、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。この日は、蕗谷虹児さんの本を買いました。お店の方は、帰り際にいつも、がんばってくださいと言って下さります。私がよく、創作の相談をするからだと思います。小さいサイズの絵なら、置いてあげられるので、また持ってきてください、とおっしゃって下さったので、小さいサイズの絵を作りたいなぁ、と思います。大好きなお店に絵を置いて頂けること、とても嬉しいなぁと思います。

 

rakugaki

f:id:honoamai:20180116013735j:plain

f:id:honoamai:20180116013733j:plain

f:id:honoamai:20180116013744j:plain

 

 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年初の展示は、ARTHOUSEさんでの「しりとりアート駅伝」と、カワチ画材さんでのウィンドウ展示です。どちらも2月です。よろしくお願いいたします。

 

クリスマス

f:id:honoamai:20171225210151j:plain

ナガサワ文具センターさんで、念願の万年筆を買いました。

イベント中、表紙に大きく「インク沼へ、ようこそ!」と書かれてあるインク沼の本(『趣味の文具箱』という本です。)を見ていたのですが、タテヤマさんにKawecoが好きそうと言われて、どんなものかな?と思い、お店の方に「カワコありますか?」とお聞きしたら、「カヴェコです。」と言われました。そんなカヴェコの万年筆です。まずは安い3000円代の物から手を出しました。

 

f:id:honoamai:20171225210148j:plain

その数日後、楠森道剛さんの個展にお伺いさせて頂きました。

つけペンとインクを使って、私の体の何倍ものサイズのある、とても大きな絵を制作されていて、このDMの絵も、実物はとても大きく、迫力がありました。いろいろ教えて頂けて、勉強になりました。

 

万年筆購入後に、楠森さんの展示を見たので、わたしもインクを使った絵に、ちょっと挑戦してみたくなりました。他の色のインクでも描いてみたいなぁ。

 

2017

f:id:honoamai:20171220182640j:plain

2017年のイベントや展示がすべて終了しました。ありがとうございました。

先日〈クリスマス・アートマーケット〉に参加させて頂いた、ナガサワ文具センターさんが、イベント前にブログを書いてくださいました。

ナガサワ クリスマス・アートマーケット 参加アーティスト紹介その④ 林 ホノカさん | ナガサワ文具センター

わたしは、スモールワールドのデザインを手掛けたメアリー・ブレアをとても尊敬しているので、このように書いていただけて、嬉しかったです。

6月の初個展以降、毎日次のイベントや展示のことを考えながら制作ができて、幸せな一年だったなぁと思います。

夏のアトリエに参加できたことも、とても大きかったです。スティーブン・グアルナッチャ先生には、わたしの着ているお洋服について、よく声を掛けられました。Jane Marpleの文字の刺繍が襟に付いているワンピースの日には、アガサ・クリスティーが好きなの?と聞かれたり、地図柄のワンピースに、糸巻きのデコパージュのカーディガンを羽織っていた日には、わたしの服から何かの物語が見えたようで、新しい絵本のアイデアを急いでメモされたりしていました。最終日に、スティーブンの好きなものを講演会で紹介されていたのですが、物の好みが自分と似ていて、嬉しくなりました。

絵の作り方に関しては、今年は色々な事に挑戦したのですが、わたしは、空間を使って絵を作るのが好きなのかもしれないなぁと思いました。

個展の時には、アートハウスさんの窓の飾り付けを見て、中に入ってきてくださる方がいらっしゃったりして、それが嬉しかったです。個展開催前日に、慌てて作ったのですが、可愛くできたなぁと思います。

f:id:honoamai:20170714115834j:plain

 

アートストリームでは、パネル一面を半立体的な絵にしました。

「絵の中に入りたい」という気持ちが、小さい頃からあったので、その夢を叶えることに挑戦した一歩目の絵になったんじゃないかなぁと思います。

(この絵は、2018年の2月中、カワチ画材阪急三番街店さんのショーウィンドウに展示させて頂くことになっています。)

f:id:honoamai:20171220182845j:plain

来年もいくつか展示予定が入っているので、楽しい展示をつくっていきたいです。

よろしくお願い致します。

 

 

_

YouTubeで、90s kid TV Theme Songsというものを、懐かしいなぁと見ていた中で、うわぁ!!と思ったのが、Pee-Wee's Playhouseでした。

いつ何で見たのか分からないけど、見たことあるし、当時衝撃的で、こんな家行ってみたいなぁって憧れていました。アメリカに住んでいた母の友人が送ってくれたディズニーチャンネルか何かのビデオに写っていた動画だったのかも…?検索してみたら、ティム・バートンが監督していたこともあったみたい。(好きな雰囲気!と思って調べてみたらティム・バートンが関わっていることが多い…。)すごく撮影大変だっただろうなぁ。

ピーウィーとかデクスターズ・ラボとかスパイキッズとか、オズの魔法使いとかメリーポピンズとかフリントストーンとか、色や形が面白くて、二次元も三次元も一緒くたになっていて、どんなモンスターが存在していても、その世界の中では許されるような(仲間外れにされないような)、明るくて楽しくてヘンテコな作品が大好きなのは、昔も今も変わらないし、自分の作品にも何となく出てるような気がしました。